Novels


王の剣士 七

<第三部>

第五章『地平の燎火』


 

 レオアリスはプラドと、卓を挟んで向き合った。
「まず確認したい。貴方は何故、ここにいるんですか。マリーンを……この人達を巻き込むつもりなら、そのやり方は認められない」
「レオアリス、違うわ、私が連れて来たんだもの。それに助けてもらったし。ねえ、ダンカ」
「どっちもお嬢さんが強引でしたね」
 レオアリスは顔を反らしたマリーンとダンカを見て、少し肩の力を抜いた。
「判った。それならいい」
 一度息を吐き、また顔を上げる。
「――何から話せばいいのか判らないけど、俺は貴方に聞きたい事がある。すごく」
 プラドの隣にいた少女が愛らしく首を傾ける。
「何でも聞いて。この人無口だけど、足りないところは私が答えるわ。あ、私はティエラ。この人と同じベンダバールよ」
 ティエラはにこりと微笑み、クライフが可愛いなぁ、と洩らす。
「私も貴方の親戚みたいなものかしら」
 腰までの黒い髪がさらりと揺れる。
「プラドと結婚したら義理の叔母ね」
 プラドの腕に手を絡め、プラドの表情が何も変わらないのを見て唇を尖らせた。それまで様子を窺っていたマリーンが、「えーっと」と手を合わせる。
「何かすごく重いのかのどかなのか判らないけど、とにかく立ってるのも何でしょ? 座ってゆっくり話したらいいわ。お茶持ってくるわね」
 まだ少し戸惑いを覗かせつつも、マリーンはダンカの腕を引いて足早に奥の部屋に入った。
 ティエラはプラドをもう一度見上げ、
「そんな怖い顔してないで、座らせてもらいましょ?」
 ぽすん、と軽い音を立て椅子に腰を落とした。卓に頬杖をついてゆるく顔を巡らせ、瞳を細める。
「とっても気持ちいいお部屋よね。マリーンさんらしいわ」
 ティエラの言う通り、居間はこの家の女主人に相応しく、素朴で心を和ませる雰囲気だ。
 使い込んで角が丸くなった木の卓と椅子、座面に張られた赤い布は光沢も薄れかけ、建物の中庭に面した窓から溢れる光が、良く磨かれた木の床を柔らかく照らしている。
 それが少しだけ、この部屋を包んだ緊張を和らげてくれるようだ。
 レオアリスは手前の椅子に手を置き、プラドが長椅子に座るのを待った。
 先に座ったティエラが、三人とも座って、ともう一度促し、レオアリスへ首を傾げる。
「聞きたい事の、一番最初は?」
 レオアリスは少女の屈託ない仕草を、やや気を削がれたように眺め、一度視線を落とした。
「……ベンダバールが、何なのか――」
 プラドの正面に座る。横にクライフも腰掛けた。
「お前の母方の氏族だと言った」
「――そう、ですが」
「もう。会話は相手に理解してもらわなきゃいけないのよ?」
 ティエラが唇を尖らせる。
「仕方ないわね、まず私から説明するわ。改めて――私はティエラ。ベンダバールの氏族長、エンシスの娘よ。今の氏族は三十人くらいね。ベンダバールはずっと昔、大戦前にアレウスを出たの。私はその後生まれたから、そう聞いているってコトだけど」
 黒髪と同じ色の二つの双眸は、澄んでとても深い色をしている。
「ベンダバールはいわゆる傭兵稼業をしてるの。ミストラ山脈のこっち側・・・・はいつもどこかで戦乱があるから、一つところに留まらないでずっと転々としてるわ」
 卓の上に指で線を引き、その片方にくるりと円を描く。ベンダバールについてはそのくらいかな、と首を傾げた。
「あとは、そうね、アレウスには以前、幾つかの氏族がいたらしいんだけど。主なもので四つって聞いてる」
 ティエラはプラドへ、あとはどうぞと言うように瞳を向けた。プラドが引き取る。
「アルケサスのルベル・カリマと、東のカミオ、北のヴィジャを拠点としていたルフト。そして西のカトゥシュにいたのがベンダバールだ」
 レオアリスは正面のプラドを見つめた。
 改めて見るプラドは、引き締まった体躯と陽に焼けた肌が、常に陽に晒される戦場を感じさせた。そして遠くを見据えるような眼差しは、この国の外から来たのだと。
 乾いた風のような、そんな印象だ。
「ルフトはお前の父、ジンの氏族だった」
「ルフト――」
 以前祖父から聞いた言葉、記憶の中に生き生きと存在していたひと達。彼等に色がついたように思う。
 それから、父の名。
 でもプラドが語るのも、過去の事だ。
「……父とは、会った事があるんですか」
「いいや。俺達がこの国を出たのは四百年以上前になる。大戦は始まっていなかったからな」
「よん――」
 クライフが言葉を詰まらせ、ややあって息を吐いた。気持ちは判る、とレオアリスも苦笑する。どこか、遠い物語の中のようだ。
 だがプラドは数年前の事でも話すように続けた。
「この国にいる間は、ジンの名前はほとんど聞かなかった」
「ほとんど?」
「氏族に子が生まれる事は稀だ。どこかの氏族に子が生まれれば、その話は伝わる」
「稀――」
 確かに、祖父の記憶の中の誰かがそう言っていたと思う。レオアリスが生まれる時に。
 レオアリスは唇を引き結び、競り上がる言葉を避けて、別の言葉を拾った。
「さっき、ベンダバールはカトゥシュにいたと貴方は言った。なら、風竜の事は知っていたんですか」
 鋭い眼差しがレオアリスへ返る。
 それは答えだと取る。
「剣士の氏族は四竜の監視を担っていたと聞きました。それが本当なら何故、ベンダバールは風竜を置いてカトゥシュを離れたんですか。そして何故風竜は、大戦時に西海にくみしたのか」
「西海にではなく、ルシファーにだろう。ルシファーは風竜の養い子だからな」
 プラドはあっさりと口にしたが、レオアリスとクライフは驚いて顔を見合わせた。
 クライフが今度こそ頭を抱える。
「いやいや待て待て……あー、ロットバルトがここに欲しい。あいつの役目だ本来」
 レオアリスはまた少し笑った。
「ルシファーが風竜に育てられて……それは判りました。彼女の事情は少しだけ知ってる」
 改めてプラドを見据える。
「ベンダバールがこの国を去った理由をまだ教えてもらってない。何故ですか」
 その答えはとても簡潔だった。
「風竜は、カトゥシュにはいなかった。空の座を監視するのに飽きただけだ」
「じゃあ、風竜はどこに」
「ハイドランジア辺りだろう」
「ハイドランジア――だから、大戦で風竜が現われたのはそこだったのか」
 呟いて、レオアリスはその瞳を上げた。
「大戦の時、ベンダバールがいたら、やはり風竜を討ったんですか」
 ティエラが卓に頬杖をついて身を乗り出す。
「あなたはずいぶん、自分に関係の無い事ばかり聞くのね」
 漆黒の瞳は、やや下から、レオアリスに注がれている。
「別に、そういうつもりじゃ――」
「もっとこの人にしか判らないことがあるじゃない」
 レオアリスは束の間息を止め、静かに、それを吐いた。
 それから、喉の奥に競り上がったまま、引っかかっていた言葉を掴んだ。
「母――俺の、母さんは、どんな人だったんですか」
 尋ねた瞬間、言葉はどっと堰を切った。
「どんな顔で、どんな声で、どんな事を考えていて――どうして、この国に残ったんですか」
 クライフがちらりと視線を落とす。
「何故、母さんを、置いて」
 プラドは少しだけ、記憶を覗き込むように瞳を細めた。
「国内は平穏が続いていた。この国を出る事は長が提案し、氏族が決めた。だが俺達の母はこの国に残ることを選び、共に残ったのが兄のゲントと妹のアリアだ。兄は既に百を超えていたが、アリアは剣が覚醒してまだ数年しか経っていなかった。十七、八か」
 十七、八。ちょうど今のレオアリスと同じ年頃。
「母は父を埋葬したこの地に残りたかったのだろう。俺は説得しきれなかった。兄と妹は共に残る事を選んだ。それだけだ」
 レオアリスは自分の二つの手のひらを眺めた。
 そこに流れている血が初めて、脈々と繋がって来たものなのだと、実感する。
 不思議な気持ちだ。
 血縁――血の繋がり。
 プラドを見る。
 初めて会う相手なのに確かに懐かしい。
「俺はこの国に三人を置いて来た事を後悔している。母も兄も、妹も命を落とした。ルフトも失われた。だからレオアリス、お前を連れに来た」
 澱みなく、プラドは続けた。
「もう一度言う。ベンダバールへ戻れ」
「ちょ――」
 音を立てて椅子から立ち上がり、クライフは卓に両手を突いた。
「ちょっと待ってくれ、そんなのはおかしいぜ。あんたは置いて行った側だ。そんなん今更――第一アリアさんがこの国に残ってなきゃ、上将は生まれてない」
「責めているつもりは無い」
「いやいや」
「俺は――」
 レオアリスは声を押し出した。
「俺には、護るものがある。俺の、剣の――」
「剣の主か。だがそれも失っただろう」
「あんたなぁ!」
 クライフは声を荒げ、卓の上に身を乗り出してプラドの襟首を掴んだ。
 だがプラドは視線を動かさず、レオアリスを見据えている。
「お前が剣士をどう解釈しているか知らないが、剣士とは、失う者だ。レオアリス」
 淡々とした言葉は、プラドが見続けてきた歳月の風景をそのまま表わしているようだ。
「己の剣により、他者の剣により、その生により、常に失い続けるのが剣士という種だ。お前は身をもってそれを知ったはずだ」
「いい加減――ッ」
 クライフは怒りを露わにプラドを睨み、襟元を掴んでいた手を突き放すように解いた。
「上将、帰りましょう。これ以上話を聞く必要なんざありません」
 レオアリスの腕を引いて立ち上がらせ、そのまま扉を開けて居間を出た。振り返らず店を横切り、外の通りへ出る。
 それまでの静けさが嘘のように、喧騒交じりの空気が二人を包んだ。
 クライフはレオアリスの腕を取ったまま大股に通りを歩きながら、前後を見回した。
「馬車を止めます。早いとこ士官棟に帰ってゆっくりしましょう。フレイザーが待ってますから」
 中々走っている乗合馬車が見つからず、不満を歩調に乗せてすたすたと歩いて行く。
「代理だって待ってるし、隊士達だって待ってるし、当然ロットバルトも待ってるし」
「クライフ」
「アスタロト様だって、それからファルシオン殿下だって待ってます。何ならアルジマール院長だって待ってますよ!」
「クライフ!」
 ぐい、と腕を退かれたクライフは、足を止め、振り返り、レオアリスをまじまじと見た。
「――アルジマール院長は外しときますか」
 膨れた頬と顰めた眉を眺め、レオアリスは口元に苦笑を浮かべた。
「大丈夫だ、俺は――ありがとう」
「――」
 クライフはもう一度、じっとレオアリスを見つめた後、ようやく通りを登って来た乗合馬車へ、手を上げた。





















Novels



2019.9.15
当サイト内の文章・画像の無断転載・使用を禁止します。
◆FakeStar◆